So-net無料ブログ作成

オストド&メストド1号 台風一過の沖縄に上陸! 第5章 [沖縄・ドライブ]

第5章 -喜屋武岬から帰京・自宅へ-
またもや多量の朝食を平らげ、海沿いをドライブしながら、空港へ向かう。
レンタカーの返却は12:00。フライトはANA130。15:30発である。
ホテルを10時前にチェックアウト。メストドがホテルの売店でちんすこうを大量に買い込む。オストドはまだ会社への土産は買っていない。
国道131号線を進む。平和祈念公園・ひめゆりの塔のそばを通過するときは、やはり黙礼を欠かさない。途中喜屋武岬へ立ち寄る。ここの岬から見る景色は美しい。
今度何時来られるかわからないので、その景色を心のキャンバスに刻み込んでおく。


ここにも平和と鎮魂の碑が・・・・・・


いつもよりテンションの高いメストド1号。もしや降霊したのかな・・・・・
後ろの車は今回借りたレンタカーです。

空港そばにて給油をしてレンタカーを返却。送迎バスにて空港へ送ってもらう。
まだ、フライトまで時間があるのだが、さっさとキャリーだけでも手放したいので、
手荷物検査を受ける。やはり、スーパーシート&上級会員用カウンターでチェックイン。EXITローを所望すると、34列B・C席(A席はブロックされていたのか、ほぼ満席にも関わらず、最後まで誰も来なかった。)
あまり、空腹ではなかったが、レストラン街へ行き、「ロイヤル」で、またもやハンバーグ。メストド1号はコスモドリア。1時間半ほどかけゆっくり食事&ティータイム。
2階のANAFESTAにてメストド1号のEDYに1万円入金。ANAFESTAで買い物(饅頭・ちんすこう・さんだあーぎ)などを購入。10%引き(ANAカード提示)
まだ、中に入るには早いのだが、これ以上売店をウロウロしていると、荷物が多くなるので、シグネットへ行く。喫煙ルームに座席を確保し、しばし休憩を取る。
搭乗のアナウンスが流れたので、35番より搭乗。定刻からやや遅れて離陸。
離陸時に二人揃って寝ていたのだが、上昇時かなり揺れたため、目を覚ますオストド。メストド1号は熟睡状態。
起き出したメストドは機内販売誌を捲る。着席したとき、CAから、機内誌・機内販売誌・イヤホンを差し出されたが、機内販売誌しか受け取らなかったメストド1号は、絶好の「カモ」状態である。CAのさりげない誘導の元、路線限定の沖縄コスメ・ロクシタン・アラミスの3点を購入。計14000円が、ANAカードで10%引き。オストドのカード決済。
離陸当初の機長のアナウンスでは、到着が5分ほど遅れる見込みと言っていたが、
定刻より早く17時45分ランディング。ゲートではなくバス到着だった為、リムジンバスのチケット売り場についたのが、18時05分バスは行ってしまった。30分ほど待ち、18時35分発のバスで一之江駅へ、一之江駅よりタクシーで帰宅。
帰宅すると、メストド2号が夕食を作って待っていてくれた。

-あとがきに代えて-
また、駈足旅行になってしまった。リゾートホテルを、楽しむのも沖縄旅行かもしれないが、相変わらずコスト&パフォーマンスで考えると、リゾートホテルには泊れない。
「海外では結構いいホテルに宿泊するくせに」と言われるが、国内のホテルで一泊20000円以上のお金は払いたくない。
我が家の場合、航空運賃のコストが旅行費用の75%近くを占めるのが通例である。つまり、飛行機に乗るためにこれからも旅を続けていくのであろう。
最後になってしまったが、不幸な時代に沖縄戦線で亡くなった多くの方々そして、喜屋武岬に向かう途中に発生した中越沖地震で被害に遭われた方々のご冥福をお祈りしつつ、この旅行記を終ることにする。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0