So-net無料ブログ作成

僕たちに明日はあるのか?VOL4 [ぼくたちのシリーズ完結編]

- サプライズ 2-

僕は夢に魘されても、惰眠を貪っていた。枕元の電話が鳴る。

モーニングコールだ。

「う~ん。」多分、僕は5時間も眠っていない。いないけど、朝の散歩に出かける。

ナイアガラの朝は日中とは違い、僕を幻想の世界に誘う。

ガイド嬢に朝食券を上げているので、行きつけになりつつある2ドル99セントの

朝食を摂りながら、抱えているファイルを開く。

このファイルには、スケジュールは勿論、お客様情報も載っている。

「ったく・・・てめえらでツアコンだせっての・・・」

僕はつぶやいた。本当は今回のツアーは、ご褒美のはず。某国と某国の国境を

訪れるために、警察署へ行き、署長に賄いを渡し、

用心棒に一人。警察官を借りる。

賄いも。警察官への心づけは、700円くらいだが、武装警察官の同乗と、

この地に強い部族のガイドをさらに一名乗せている。ドライバー氏は、

元軍隊勤務の軍曹だったし、僕を含めガイド達も全員“武装”している。

くそ暑いけど、ジャケットの内側にホルスターをぶら下げ、

実弾が装填されている銃と、ポケットには、数十発分の弾丸が入っている。

その前日、僕はホテルへ到着すると、すぐ、ガイドに連れられ、

ブラッグマーケットで、僕はひたすら射撃訓練をさせられたのだ。

「いいか!撃ち合いになったら、撃て!」

僕はこの時、「くそぉ~騙された。危険手当って・・・このことか」と思った。

だから、担当のF氏は、僕に危険日当を2000円と旅行傷害保険の

死亡保険金が、3000万から1億円への増額、そして、

このカナダツアーが、ご褒美についたわけだ。

峠へ向かう途中、ゲリラかと思いたくなる。密輸商人から、

「心配するな!帰りにウチに寄れ・・・」と言われたのは、

不幸中の幸いだったのだろう。”彼の手配”で、撃ち合いにも

ましてや、皆殺しに合わずに、僕たちは隣国へ無断入国し、

そして、国境を跨いで写真撮影までしてきた。

そのご褒美だったのに、とんでもない。VIPがこのツアーには

参加されていた。

「いいかい!くれぐれも粗相は・・・」

粗相を心配するのなら、自分が行け!と怒鳴りたい気分だが、

チケットは既に僕の名前で発券されていた。

「大体さぁ~テレビ局のプロデュサーが何なんだ?」

僕は、ウエイトレスが注いでいったお代わりのコーヒーを飲んだ。

今日の予定は、朝一で、霧の乙女号に乗るのだけど、僕は乗らない。

あんなもの、1回乗って、ずぶ濡れになれば充分だ。

その後、ナイアガラ市内の観光を済ませ、一時間で一周するレストランで

お仕着せの昼食タイムとなる。僕は、階下のビュッフェレストランで、

ガイド嬢と「夜の打ち合わせ」をしながら、食事をすることになる。

その後、僕は多分、昼寝をしながら、トロント市内へ向かい、市内観光を

終え、ホテルにチェックインをし、夕刻、市内のレストランでロブスターの

ディナーを摂り、徒歩でホテルへ一旦、戻る。そして、希望者のみ高級?

リムジンの迎えを受け、日本人経営の毛皮屋でひと稼ぎさせてもらい、

お客様と共にCNタワーからの夜景にご案内することになっている。

明日は、また飛行機に乗り込みエドモントンと言う都市へ飛ぶ。

「さてと・・・ヤバッ!」腕時計は帰る時間を過ぎている。

僕は、ファイルを抱えホテルに向けてダッシュする羽目になる。

夜中に荷物は、ホテルスタッフの手により、回収されているので、

荷物をチェックしてバスに詰め込むために駆け出した。

「ったく・・・・あいつらまで来るとは・・・・」

はっきり言えば、このツアーは、ご褒美ではない。

何しろ、新婚さんの中に、佐々木クンご夫婦と白〇クン夫婦が居る。

僕と悪たれ連のうち、この二人を除く面々は、一日に二度も結婚式に

参列させられており、僕は知らなかったけど、出発地の成田空港で

僕は事実を知らされたのだ。その事実を知るまでは、

「同性同名っているんだな」とパッセンジャーリストを眺めていたのだ。

そこへ、某テレビ局のお偉いさんというプロデュサーもいる。

「踏んだり蹴ったりじゃぁ~」と叫ぶ。僕の姿がそこにあったのだ。

「どうしました?」ガイド嬢が尋ねてくる。

「別に・・・あっ!おはよう!」

「おはようございます。朝ごはん美味しかったです。」

「よかった!」

ガイド嬢も今晩は、トロントに一泊することになっているので、

小さなバックを積み込んだ。

「お客様の荷物は・・・」

「全部揃っている・・・・うん。大丈夫。」

そこへ新婚ホヤホヤの佐々木クンと白〇クンがやってきた。

勿論、白〇クンの奥さんは、昔。「神主のお兄ちゃん!」と

駆けてきた由香ちゃん2号なのだ。

「ったく・・・お前ら!いい加減にしてくんねんかな・・」

「いいじゃん!指名してやっているんだから、ありがたく・・」

「指名料もら・・あっ!いいこと考えた!」

建前は、いくら悪たれ連ノメンバーでもお客様。

億悪様と言えば、僕にカモにされても仕方がない。はずだ。

「なあ・・お前ら、今晩毛皮屋行くけど・・・一枚くらい」

「高いんだろ?」

「日本で買われる半分くらいのお値段でいかがでしょう!お・客・様!」

「でもな・・・」

「うちの子が飢えるんですけどねえ~」

「判った・・・買えばいいんだろ?」

「そういうこっちゃ・・・サクラ頼む!よ・・・この通り。」

僕は、二人を拝み倒した。何しろ、添乗員の給料はウソぉ~と叫びたく

なるくらい。安い。

まあ、年間300日くらいは、お金を払わず、飲み食いできる。

ついでに、つまみ喰いも勿論ある。まあ、身体を張っているわけだ。

添乗員を始めた頃は、日給で5千円。そして今は8千円。

まあ、「R」と言うリベートとお客様からいただくチップで命を繋ぐ。

「ところでさぁ~委員長!」

「だ・か・ら・・・何年言わせればいいんだ!バカ」

「悪い。お前メシ喰ったのか?」

「ああ・・・可愛いウエートレスが居る店でな・・・」

「汚ねえ~」と異口同音で二人が叫ぶ。

「おい!後ろで嫁さん睨んでいるぞ?」

「や・・・やば・・・」

「何の悪だくみしているのかな?神主の・・・」

「ゆ・・じゃなかった。お客様。今は添乗員でございます。」

「かしこまらなくてもいいじゃん。お兄ちゃん。」

「まあねえ~そういえば、毛皮のコート買ってくれるって!良かったね。」

「うん。」

「奥様方良かったですねえ~いいハネムーンになりますよ・・・・きっと」

「ちょっと・・・待っててくれる?こいつにカタ付けないと・・・」

奥さん方を置いて、二人に拉致される僕。

「コートはねえだろ・・・コートは・・・」

「大丈夫!安くさせるし。日本に帰ってからお支払いだから・・・」

「しかしよぉ~」とため息を付く二人。

「それとも・・・お前ら!成田離婚させてやろうか?どっちかがなれば・・・」

「なれば?」

「うん。丁度10・・・・いや、20組目っ!」

「寝言は・・・」

「寝言じゃないんだな・・・添乗員怒らせると怖いよ・・・」

「うっ・・・・」

「お前ら言葉通じないしな・・・」

「ぐっ・・・」

「テーブルマナーとか大丈夫か?」

「ほ・・・他の新婚・・・」

「ああ・・・心づけくれたお客様にはね。教えておいたけど・・・」

「えっ・・・いつ?」

「お前らが、機内で爆睡中だった。太平洋上空で!」

「起こせ!」

「何で?心づけ出さない客には、教える義理は・・・」

「出す!出せばいいんだろ。いくらだ?」

「そうねえ~ご両親が送りに来たカップルは、5万入ってたっけ・・」

「じゃあ・・・5万でいいだろ?」

「ええとぉ~毛皮のコートにストールあっ!ミンクで宜しくな!」

「んぐっ・・・・」

「あのな!お前ら同じ日に結婚式やりやがって・・・俺ら大赤字だ」

「わ・・」

「いやならいいんだけど・・ねえ。何しろ、給料少ないんで・・・」

「判った!ホレ!」

「なんだ用意してあったんじゃん・・さっさと出せっ!」

僕は二人から半ば強制的に心づけを奪った。

「ところで・・・白〇。お前。アレ予備あるか?」

「いや・・俺もお前に聞こうと思ったんだよ佐々木」

「あん?どうした・・・」

「委員長!どっか薬局ねえか・・・」

「ドラッグストアー。で?アレって・・・・アレか?」

「ああ・・お前。昨夜どこに居た!」

「部屋で寝てたな・・・大人しく。まあ、夜中に水漏れやったのもあったけど」

「お前の部屋行ったんだよ!貰おうと・・・」

「何時?」

「俺も行った。10時くらいだったか・・・」

「俺は9時半。お前は居なかった!」

「寝てた。」

「うそこけ・・いや。あのかわいこちゃんとか?」

「昨夜は一人。身体が持つわけねえだろ。」

「何で・・・」

「いいか?考えてもみろ!パキスタンから帰ってきて・・・」

「うん。」

「それで、お前らの結婚式をはしごする前に打合せと精算して・・」

「ああ!それで今日ここに居るんだぞ!ところで、昨晩はヤラなかったのか?」

「ま・・その・・・なんだ。結婚したわけだし・・・」

「そ・・そうだよ。別に要らなかったし・・・」

「じゃあ・・・要らないね。コレ・・・」

僕はドラエモンのカバン顔負けと自負する添乗用のパイロットケースから、

いかにも・・包んでますといった包装紙に包まれたアレを取り出した。

「あるのか・・・」

「まあねえ~。コレで成田離婚もあったくらいだし・・・」

「うそぉ~」

「いや、ホント・・お前ら、嫁さんに文句言ってねだろうな・・・」

「いや・・・つい・・・」

「うちも・・・」

「バカか!ったく・・・ホレ!これ持ってけ!1ダース入り」

「悪い・・・」

「大人しく毛皮買ってやらねえとしらないからな・・・」

「ああ・・判った!成田離婚じゃ・・・なあ!」

「ああ・・・仕方がない・・・か。」

「いいか。釣っちまった魚にもエサくらいやっておかねえと・・・」

「おかないと?」

「ジ・エンドだろ・・・きっと・・・今晩少し飲むか?」

「いいねえ~嫁同伴でいいか・・・」

「ああ!」

「ところで、何でこんなモン持っているわけ?」

「俺様が優秀だからかな・・・」

僕のパイロットケース。つまり、飛行機のパイロットが持っている

あのカバン。勿論、本物で某航空会社のお偉いさんの弱みと引き換えに

ありがたく頂戴したもの。その中に添乗7つ道具と「今度産むさん」を

リストと睨めっこして、数ダース入れ、ついでに、女性用のアノ日用の

用品まで入っている。ついでに言えば、睡眠薬とごまかすビタミン剤と

細菌性下痢止めから風邪薬まで一通り入っている。

「でも、何でこんなもん・・・」

「コレが成田離婚の主たる要因もあったので・・・」

「なるほど。」

「お前らくらいだ。恋愛組は・・・後はお見合い組だぞ」

「本当か?」

「ああ・・・ほぼ・・だな。」

話しながらホテルへ戻ると丁度、出発の一時間前で、

他のお客様がロビーへ降り始めていた。

「お前らチェックアウトしたか?」

「ああ・・・いや・・・まだ。」

「さっさとしろ!」

僕は二人を置き去りにすると、フロントデスクに駆けてゆく。

例のVIPだ。

「おはようございます。夕べは良くお休みになれましたか?」

こうして僕の忙しい日々が始まった。








nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い