So-net無料ブログ作成

オストドの旅後始末「カユマニスジンバランin バリ島VOL2」 [旅行記・旅関係]

-「レート?そんなもん両替してみりゃ判るだろ!」-

「多分・・・こっち」酷い話で、そのまま、トランスファーへ進む。

エスカレーターを上り、Uターンすれば、喫煙所がある。

「一服させろぉ~」と喫煙所への”天国の扉”を出る。

景観台を兼ねた屋外に出れば、そこはパラダイス(愛煙家には・・・)

タバコを2本吸うと、頭が冴えてきた。確か、家には香港ドルの使い残しが

あったはずだが、失念して忘れてくるほど忙しかったのだ。

「来年はもうちょっと遅めがいいな・・」ぽつんと呟く。

「ねえ!これ幾ら?」

「値札ついているだろうが・・・」

「レートはいくら?」

「そんなもん。そこの両替カウンターに金出せばわかるじゃん!」

オストドが、5000円札を差し出すと、334香港ドルになってきた。

約15円/ドルなのだろう。面倒だから、15円で計算することにする。

「腹減らない?」そう言い残すと、オストドの足はエスカレーターへ

「貴賓室」と書かれているほうへ上がる。

ラウンジへ飛び込み、香港~デンパサール間のボーディングパスを出す。

「うんうん・・・ラウンジのメシだけは良さそうじゃん・・・」

冷蔵庫からコーラを取り出し、お皿には、蒸しエビ餃子が山の様に載り、

三明治(サンドイッチ)にトードマンプラー(さつま揚げの様なもの)と

海老ワンタンスープをオーダーする。

すっかりと平らげると、「ヒマに襲われる」。つまり、身体がニコチン供給を

要求している。喫煙所へ戻り、そしてショップを覗く。

「う~ん大したものは・・・」

では、両替したお金はどこへ消えたのか?

答えはお菓子類である。お菓子を買い込み、ポリポリと食べている。

「いいのか・・・太るとまずいんじゃ・・・」

「ほへぇ~」

でも、心配は杞憂に終わることになる。この日は、一日で一万歩以上歩いた。

つまり、全然歩かない日の優に10倍以上歩いた計算になる。

お菓子を食べて時間を潰し、搭乗ゲート205へ向かう。

乗継便の出発は、19時20分。5時間以上食べているか、歩いているか、

タバコを吸って過ごしていた。

成田~香港間は、本当ならA333のはずが、A332だった。香港~デンパサール間は

A332から、A333へ変更されていて、1-2-1の配列。

「う~ん。」

もっと深く考えれば判るはずだった。

このフライトは、午前0時半にデンパサールに着き、早朝、香港へ戻るのだ。

機内で「アメニティ」が配られた。本来なら、バンクーバー線やロサンゼルス便で

配られる代物だが、2月から運休になるので、在庫処分なのかもしれないけど、

ありがたく貰えるものは貰っておく。

「腹減ったけど・・・食べれるモン出てくるんだろうな」

「まだ・・・食うってか・・・」

「喰う!」

散々、暴食したはずだが、道のりはまだ遠い。

多分、ヴィラに入るのは、午前2時。眠るのは4時頃だから、「喰える時に喰う」

これが正解なはず。機内食を完食したどころか、お代わりのパンを貰い、

ついでに言えば、日は変わってはいるが、ヴィラで備え付けのクッキーを

半分ほど食べることになる。

喰うか寝るかしていると、最終着陸態勢に入っている。

滑走路侵入経路は、海上のハイウェーの上を通過して、運が悪ければ海に落ちる

パターンでの着陸になる。日本人はビザが免除されているけど、その代わり

長蛇の列に並ぶ羽目になる。まあ、並んで入国審査を受けても、荷物はまだ出ない。

「こいつら毎年何しに来てんだ?」と怪訝顔の入国審査官に愛想笑いを浮かべ、

真っ先にに出てきた荷物をピックアップする。

「迎え来ているかな・・・」

「一応、頼んであって・・・」

「お前の英語力でか・・・」

ツアーではないので、ホテルに送迎車を頼んでる。

姿は見えないけど、”オストド”と書かれた(本名を書くな!)ボードを見つけ、

ドライバーと合流。勿論だけど、そのまま車に乗る気はない。

「一服すっか・・・」とドライバー氏を誘ってみる。

「イエス!」

ドライバー氏は、オストドの差し出したタバコに火を点け、美味しそうに吸っている。

このドライバー氏には、これから散々世話になるのだが、それは後日のこと。

ジンバランは、空港に最も近いリゾート。

飛行機好きのオストドには、飛行機のエンジン音は、子守歌に聞こえる。

今夜から、500平米あるヴィラが、オストドの休息場所になる。

案内されたのは、フロントにもレストランにも近いヴィラ。

運ばれてきたウエルカムドリンクを飲み干し、おつまみを口に放り込むと、

毎度のことながら、荷ほどきもせず、着てきた服と共に仕事まみれだった

疲れを一緒に脱ぎ捨てると、プールに飛び込んだのは言うまでもない。

-我儘な朝食とマッサージはいかが?-に続く。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

オストドの旅後始末 「カユマニスジンバラン。in バリ島」 [旅行記・旅関係]

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

本日もポンポコ腹親父の拙いブログへようこそ!

ご訪問賜りました皆様の諸願成就をご祈願させていただき、

本日もスタートなのでございます。

さて、年末・年始休暇(4日間)を終え、気持ちは「バリ島」

怒涛の如く、バタバタと5日間だけ「お仕事」をして、

土曜日の夜には、成田空港近くのホテルへ

何しろ、今回のチョイスした「香港航空」のカウンターオープンは、

午前7時5分開始。空港集合は恐るべし午前6時30分。

「事故ったら大変だから・・・前の日から行けば?」という

あきれ返ったメストド1号の勧め?いえいえ・・・

早朝(メストド1号には寝入りばなの時間)に見送るよりという

心理があったとか無かったのか?はさておき・・・・

「1時間は多く寝られる」と渡りに船とばかりに、同行者が泊まる

某ホテルへ闖入したのが正しいわけで・・・(ツインルームだったので)

そのホテルのご厚情で、駐車場料金はタダ。(タダより怖いものは・・・)

午前5時45分に飛び起き、6時25分発の空港への送迎バスへ。

同乗者の多くは、2タミ(成田空港第二ターミナル)で降りる中、

オストドと同行者のご一行他、1名だけを乗せて、着いたのは、

成田空港の第一ターミナル。

勿論、バスを降りたら、荷物を引きずりながら目指すは、「喫煙所」です。

ここでの一服は、オストドにとって、「お仕事の部分は、ここで待ってろ!」

一応、根回しはしてあるので、「今年こそ!国際電話代払わないで済みます様に!」

→結局、払うことになるのは、後日のこと。

同行者の荷物(空港宅配便)を受け取りにいき、ついでに全員分のコートを預け、

「さあ!行こうかぁ~」が、毎年のことでございます。

並んでいる同じ飛行機に乗る方を横目に進むのは、ビジネスクラス用。

成田~香港~デンパサールの搭乗券と引き換えに、半分以上空っぽのスーツケースを

預け入れ(帰りには、「満員御礼!」になる予定)気分はすっかり「バカンスモード」

プライオリティーレーン(オープンは7時半)に並び、荷物検査を受け、出国手続き。

今回は、「北ウイング」からの出発。いつもなら、南ウイングのANA免税店まで、

走っていきますが、今回は時間の猶予が無いので、予め別の免税店に、「予約」を

していたタバコ2カートンを受け取り、目指すは「プレミアムラウンジ」。

デルタ時代のラウンジが、デルタが撤退してくれたので、「ちゃんとした朝ごはん」

オストドは、勿論、ベーコン山盛りとスクランブルエッグ。クロワッサンも欠かせません

そして、オレンジジュースとコーラ。しっかりとお腹に入れさせていただいたき、

すぐにラウンジを飛び出し、コーヒーショップ裏手の喫煙所へ・・・

何しろ、ボーディングタイムは、8時45分。時間には限りがあるので

万一を想定した「最後の一服になるかもしれない1服」は、オストドにとっての

大切な儀式なのでございます。(JTのゼロスタイルも欠かせないお供ですが・・)

今回チョイスした「香港航空」は、お値段LCC並みのフルサービスキャリアですが、

香港デモのせいで、台所事情は苦しい。何しろ、空港使用料のカタに、

飛行機を7機。差し押さえられているとか、エンタメが使えなくなっている(12/1~)

「きっと貧しい機内食だろうな。口コミではゲロ不味いと書かれているし・・」

「だよね・・・ラウンジにまともなもんなければ、食べに行くしかないけど・・・」

「でもさ、CAだけは・・・お姉さん(オバサン)は、出てこないんじゃないかな」

酷い会話がされているものでございます。

どの発言が、オストドのものかは、割愛させていただき、ご想像にお任せするとして、

真っ先に機体に飛び込んだのは、オストド。

「機内食が不味くても我慢できるんじゃない。」と言ったのは、同行者。

「だよねえ~でも、紳士でいなければね。」と心に誓う面々。

まあ、綺麗すぎるCAは乗っていませんが、ベテラン揃いより、マシなのでございます。

定刻前にボーディングブリッジが外され、ほぼ定刻にはゲートアウト。

使用される滑走路は、34L。でも、オストドはゲートアウトと同時に夢の中!

気が付けば、すっかり空の上。

「フライトマップくらい見られたらいいのに・・・・」

これでは、今、「いったいどこを飛んでいるのか?判らん!」

まあ、34Lで離陸したので、成田空港上空を通過。多分、太平洋に出て、

一路、沖縄方面へ飛行しているハズ。

何しろ、機内食も何を食べたのか?果たして完食できたのか?

何で、ウーロン茶を飲んでいるのかすら判らない。

「いよいよ・・・ボケが始まった」と言われてもおかしくはない。

記憶の片隅にあるのは、最後に食べようと思っていた“朝食リンゴ”のヨーグルトが

いつの間にか片づけられていて、デザートのケーキを食べている不思議さだけだ。

「あのさ・・・俺。機内食のメイン食べた?」

「知らん・・・」

お腹を押してみると、確かに食べた痕跡はある。あるのだから、食べたに違いない。

また、眠りの世界に落ち、気が付けば最終着陸態勢に入っている。

そして、オストドの前には、人数分の入国カードが置かれているけど、

香港は乗継だけ。記入の必要はないので、カバンにしまい込む。

「ちゃんと・・・降りろよ・・・」独り言を言っているうちに、滑走路に滑り込む。

「さてと・・・ここからが問題だよな・・・ゲートが判らん!」

乗継ゲートが判らなければ、どこへ行けばいいのかわからない。

まあ、香港航空への乗り継ぎなので、「多分・・こっち」は、我ながらヒドイ話だ。

-VOL2 「レート?そんなもん両替してみりゃいいだろ・・・」に続く。




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

オストドの戯言「日本の教育は間違えているのでは?」VOL1 [新社会人に贈る言葉]

-VOL0 前書きに代えて -

空飛ぶ食欲魔人を自負しているオストド。

何故か知らないけど、周りから「面倒見が良い」と言われる。

でも、これの80%は間違いで、20%は「そうかな?」と思う。

この80%にあたる部分は、「興味のない奴は、その存在すら無視」して

「ここを直せば治るのに」とか、「ちょっと教えれば伸びる」とか

オストドが、気にいった部類に属する人だけである。

現にちょっとでも気に障れば、「遠慮なく切る」。

これが、取引先の担当者なら、徹底的に潰すこともあれば、

適当にあしらっておいて、暗に「担当替え」を要求する。

オストドの私塾に入学すると、徹底的にしごかれる。

まあ、泣きが入るどころか、本当に泣かすこともある。

昔から、「二度と顔見せるな!」と怒鳴ることもあるけど、

オストドが恐れ入ったのは、その日の朝にこの言葉を喰らい、

その日の夕方には、また「何か御用ございませんか」とやってきた

とある一部上場企業の新入社員Oクンだ。

「見どころある」と思ったオストドは、徹底的に鍛えてみた。

その結果、入社半年後には、主任のポストに就き、1年後には別の

営業所の副所長で、2年後には新設された営業所の所長になって、

再び現れた。何でも、所長を引き受ける条件でまた、オストドが在籍

していた会社を自ら「担当したい」と申し出たそうだ。

彼は第一号の塾生で、2号の塾生のKクンの場合は、面白かった。

ある日・・・

「何で彼女出来ないんですかねえ~」

「いい方法あるけど・・・」オストドの冗談なのか、本気だったのか

多分前者だったと思う。

「教えてください。」

「いいけど・・・そうだな・・・今、発注している電線あるだろ・・・」

「はい。大きい現場いただきまして・・・」

「もう、5円。メートルあたり下げるのなら教えるけど・・・」

「判りました。他社からその単価出てるということですね?」

「まあねえ~どうする?」

総取引金額は発注時点では、数千万円くらいだったでしょうか・・・

東京駅丸の内の再開発のとあるビル。

「本当にできますか?彼女」

「気合と根性があれば・・・ね」

その場で見積もりの金額を訂正させて、レクチャー開始。

「AプランとBプランあるけど・・・どっちがいい?」

「違うんですか?」

「違うねえ~Aは、出費わずか。時間多め。Bは・・そうだな」

「はい?」

「ボーナスもらったろ、10万投資するか・」

「(彼女が)できるのなら・・・」

オストド。訂正された見積書を握り、笑いを堪えるに必死でした。

まあ、Aプランは、東京・渋谷のハチ公の前に連日立って、

「彼女募集中」のタスキをかけ、ナンパしろという無茶なもの。

因みに、成功率はたしか2%くらい。但し、ルックスがモノを言います。

Bプランは、「当たって砕けろ作戦」まあ、基本中の基本。

これは、実行者である彼が、二人分の旅費や滞在費を丸抱えで、

「沖縄旅行」に誘うもの。

「いいか!手近なところからだぞ・・・幼馴染とか・・・」

「了解っす!」

その時のオストドは、安くなった単価をゲラゲラ笑いたかったので、

「がんばれ!やれば出来る子だからね。キミは・・・・」と

送り出しましたが、「多分成功しねえな」とさえ、思っていたのですが、

その数日後のこと・・・・

「やったぁ~やりました!」とKクン。

「へっ?アレ・・まさか・・・成功したのか」

「そのまさかです。」

「旅行は?」

「予約してきたんですけど、朝一のフライトで・・・」

「相手は?」

「幼馴染なんで近所に住んでますけど・・・どうやって移動しようかと」

「前泊しかあるまい。」

「一応、マンガ喫茶でと話をして・・・」

「ばかぁ~チャンスなんだから・・・そうだな、もう数万出せるか?」

「はい・・・」

「羽田東急取れ・・滑走路側な・・・待てよ・・・キミは確かドーちゃんだった」

「ですねえ~」

「やり方知っているよな?」

「一応・・・ゴム用意しておいたほうがいいっすかね?」

「勝手にしろ・・・」

それからしばらくして、旅行の土産を持って現れたKクン。

「どうだった?」

「楽しかったっす」

「じゃなくて・・・・やったか?」

「ええとぉ~3泊だったんで・・・」

「前泊はどうした・・・」

「彼女が勿体ないって・・・」

「へっ?彼女?」

「はい・・正式にお付き合い始めることに」

「で・・どっち?」

「何がです?」

「やった後かやる前かだ・・バカ!」

これ以上、書くと「あっ!俺のことだ」と気づかれるますので、

この辺にしておきますが、その後、お幸せな家族になった様ですけど・・・

今の私塾の塾生は、二人。Mクンともう一人のKクン。

Mクンは、やはり社会人一年生。彼は昨年のホワイトデーで彼女に振られました。

「忙しくても会う時間作れ‥バカ!」との忠告を無視したからです。

でも、お仕事は順調。Mクンも他の塾生も口を揃えた様に言います。

「(オストドの)担当していると、どんな人でもラクなんです。」

多分、オストドほど「他の会社」に属する彼らに対して、罵声は当たり前で、

泣かすことは、一人あたり2~3回くらいあって、徹底的に可愛がる。そんな

お客はまず居ません。オストドの暴言に罵声。はたまた、極度のいじめに

耐えられると、忍耐が付くみたいです。

もう一人のKクンは、オストドを担当して数年で、主任→係長。

人身事故を起こしても会社をクビにならないだけの、売り上げは見事なもの。

まあ、事故を起こした日に彼からの電話の声は、普段の元気が100とすると

2~3くらいでしたけど、最近は、元気が回復してきました。

事故後の彼にはよく・・・「ワルもん講習いつだ?」とか

「おはよう。〇〇県警です。モーニング逮捕にきました。」とか・・・

冗談の域を超えている部分がありましたが・・・・

でも、ちゃんとフォローは入れます。

「メシ喰ったのか?」と自主的に自宅謹慎をしていた彼を引き摺りだし・・・

「やっちまったこと悔やんでもしかたねえ~ばか!」とか・・・

フォローを入れながらも、ジャブは繰り出します。

まあ、彼は、オストドのお客さん(入居者)でもあるわけですから、

時折、美味しいモノを食べに連れ出します。

鉄板焼き(常〇牛)とか、ランチでも一人。万は超えるフランス料理とか

どこの世界にランチで2時間以上係る所へ月に一度は当たり前で・・・

先日もそうです。彼の後輩でオストドの物件担当者の女の子が、

「社長ぉ~受かりましたぁ~」と資格試験の報告をしてきたので、

「じゃあ!合格祝いしなきゃな・・・ウマイもん食べて・・・」

その店を予約担当をし、相伴しに現れるのも当たり前になってきました。

こんな彼らに共通して教えたのが、「有言実行が一番」と言うことです。

オストドがその昔。日〇組所属の教師に教わったのは、「無言実行が一番」

次に「有言実行」まだましなのは、「無言不実行」一番悪いのは、

「有言不実行!それがお前だ」と・・・・

これは共産主義者なのか社会主義者が言いそうなことです。

社会では、「無言実行」すると、手柄は奪われて当たり前の話です。

「有言実行」は=言ったことを実行した結果、成功した。

つまり、手柄は自分のモノです。

次に良いのが、「有言不実行」これは、言った以上やりましたけど、

成功しませんでしたも含まれます。

次に良いのが、「無言不実行」これなら、社会の片隅にでも置いておけば

済む話なので、誰も問題にはしませんが、リストラになる可能性はあります。

そして最後が、「無言実行」これ、要注意です。上司によっては、

「誰がやれ!と言ったぁ~バカモン!」とお叱りを受ける可能性もありますし、

「あいつは判らん」といつまでも。正当な評価はしてくれません。

よく、「出る杭は打たれる。出過ぎた杭はひっこ抜かれる」と言いますが、

引っこ抜かれないだけ出過ぎれば良いことで、勿論、根っこは大きくです。

小学校や中学校で教わった。このことは役には立ちません。

次に、「知識より知恵を持て!」です。

例えば、オストドは合格しても担任(小学校)の反対で進学しなかった。

某難関私立中学校の入学試験で合格しています。この学校にもし行っていたら、

東大には合格していたかもしれませんが、今頃、塀の中か土の中に居たはずです。

例えば、いくら勉強して「知識」を蓄えても、それらを応用する「知恵」がなければ

生き抜くことはできません。阪神大震災の時につくづく思いました。

小学校の時に読んだ「キャンプの仕方」を一通りマスターしていたので、

屋外での「かまど作り」や「簡易トイレ設営」に役に立ちました。

ですから、オストドは「知識より知恵を持て!知恵が無ければ、誰かにもらえ!」と

教えることにしています。

人より計算が優れているとか知識では秀でていても、実社会。特に災害時には、

「糞の役にも立たない」からです。

知恵さえあれば、どんな逆境にも耐えることができるからです。

今、小学校や中学校ではパソコンのプログラミングを教えているそうですが、

これも無駄が大多数を占めます。何故なら、自分でやるよりソフトを買ったほうが、

時間の節約になるからです。時間は平等ですが、時間はお金で買うものです。

例えば、AさんとBさんが、海外旅行に出かけたとしましょう。片道は10時間と

すると、移動にお金を掛けないAさんと移動にもお金をかけるBさん。

Aさんは、お金の掛け方を知らないと言えるでしょう。何故なら、移動は身体に

大きな負担がかかります。窮屈な姿勢で移動したAさんには、疲労や旅行後の生活に

そらなりのひずみが出るからです。

お金をかけたBさんは、ゆっくりとした態勢で移動するので、到着後もラクなら、

帰国してからも本来の自分に早く戻れるからです。

だから、会社の重役やこの事を知っている人は、エコノミーよりプレミアムエコノミー

プレミアムエコノミーよりはビジネスクラス。ビジネスクラスより、ファーストを

選ぶのは、他人より多くの時間を有意義に使うためなのです。

 ↑ 少々、屁理屈が入っています。

では、時間の無駄とはどういうものを言うのでしょう。

例えば、オストドの2時間のランチ。ミーティングを兼ねてますので、お仕事。

パソコンのゲームや昔やってた。パチンコ。これは、ストレス解消の時間。

麻雀や花札。これはコミュニケーション。飲み会の類もこれに当たります。

一番の無駄は、買えば済むものを作ること。(但し、コスパ計算必要)

オストドの場合で言うと、年収相当が決まっていますので、

お時給ベースにすると、年間365日一日8時間計算ですと、4~5千円くらい。

そうなると、「買えるモノ」は「買え」で済ませます。

車の洗車もディラーで点検やオイル交換時か、給油時にスタンドで手洗い洗車。

待っている間は、情報収集とか頭の中で計算をしているからです。

給油はセルフが基本。何しろ、T県ではありますが、TとIの合いの子いやそれ以下。

「ちょっとそこまで~」の買い物だけでも、十数キロは当たり前。

自分で入れても、入れて貰っても、時間は同じなら、自分で給油することにより、

ギリギリ一杯まで入れることで、回数をセーブできるからです。

一番、無駄なものは、皆さん判っているはず。例えば、このブログを読む時間を

無駄だと思う人。多少のヒントになると思っていただける大成する要素を持っている方

人生は色々です。

教師は自分を超えられない様い教える。だから、卒業後も「先生」と呼んでもらえる。

そんな、日本の教育は間違いだらけだと思うのは、気のせいなのでしょうか?

-VOL2 あいさつは自分のため-に続きます。







nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

オストドのひとりごと。「ぽえむ65号」 [ひとりごと]

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

本日もご訪問賜っている皆様のご多幸を御祈願させて

いただきました。

さて、オストドのお腹は今年も順調に育つみたいで、

そろそろ・・・チュウ年は終わりかな?とか考えたりしますが、

今年も相変わらず、食欲だけは無くならないみたいです。

元旦だと言うのに、本年第一号のごはんに「おでん」が食べたくなり、

コンビニを回ること数件。

やっとの思いで手に入れたのは、袋入りのおでん。

そこにお餅を焼いたのを投入したので、今年第一号のお雑煮は、

おでん風雑煮とでもいえばいいのでしょうか?

えっ?「ぽえむ65号」ですか?

これは、本日の晩御飯。昨日、メストド2号とその旦那オストド2号から

送られてきた2年分の「お誕生日プレゼント」。

それが、「ぽえむ65号」。勿論、松坂牛のA-5のお肉。

大変、美味しくいただきました。

ところで・・・・おせちはいつ食べるのか?気になっているオストドでございます。

それでは、本日はこの辺で・・・・

またのお越しお待ちしております。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あけましておめでとうございます。 [ひとりごと]

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は、多くの方にご訪問賜りましたことを

心より御礼申し上げます。

本年も皆様にとって、実り多い一年であります様

ご祈念申し上げます。

-空飛ぶ食欲魔人ことオストド-

オストドの2020年

メストド2号が、里帰り出産のために、帰国する前。

バリ島でリフレッシュ充電を予定しておりますが、

問題は、エアーが香港航空。

ちゃんと飛んでくれるとうれしいのでございます。

ちゃんと飛んでくれると、バリ島でリフレッシュ休暇。

まあ、その前に昨年の年末進行(決算)の最終打合せと

大型案件(複合商業地開発)の打合せを1週間で

片づけねばなりませんけど・・・

それでは、皆様!今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
nice!(3)  コメント(0)