So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

オストドのひとりごと。「ぎ・・・ぎっくり腰」 [ひとりごと]

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

本日もポンポコ腹親父の拙いブログへようこそ

ご訪問賜っている皆様の諸願成就をご祈願させていただき、

本日もスタートなのでございます。

本日のお話は「ぎっくり腰」でございます。

久しぶりに「腰」をやってしまいました。

そう言えば・・・何年振りなんでございましょう。

姪っ子に「ドン!」と背中に乗られて以来かもしれません。

もしかしたら、「結石」が出来たのか?と嫌な予感も

捨てきれませんけど・・・

オストドの入院歴だけで言えば、転院を含めて4回。

うち、3回は下半身事情。

因みに「転院」と言うと、「ナース押し倒したか?」と

悪たれ連は言いますけど、それは残念?ながら違います。

じゃあ、他の入院患者それとも・・・とまだまだ続きますが、

正解は、「放射線治療」のためでございました。

まあ、その病院。オストドの個室からは、看護婦寮が「丸見え」

そのせいか、夜間は「来訪者」が双眼鏡を持ってきたのは、

まさしく、「類友」でございますが・・・・(*^^)v

まあ、もう一回の入院は、女子校の付属小学校(現在は共学ですが・・)

最寄り駅からは、通学用かどうか知りませんが、学校が終点だった

バス通学。まあ、今思えば、なんという「良い環境」だったのでしょう。

毎日の様に「窒息死」寸前と言えば、ご想像いただける状態。

まあ、人間。いや、トドも同じで、恵まれすぎていると、「落とし穴」が

待っているのは当たり前のお話。

その時は「終点で押されて頭から落ちた」が正解でございますが、

神様はそこまで冷酷でないので、1週間。盲腸で入院していたお姉さんと

同室でございました。

まあ、不思議なもので、毎日。他の部屋に入院しているお兄さんたちが、

「お見舞い」と称して遊んでくれましたが・・・・

今回は、春の骨折と同じ病院へ行きました。

「うん!骨には異常が見られないので・・・」

ぎっくり腰が決定。痛み止めに胃薬。湿布をいただいて、退散。

何しろ。この病院「怖い」んです。

女医さんも理学療法士の女性も可愛いくせに「怖い」

リハビリに,、廻されないで済み「ほっと一安心」でございます。

さて、腰が使い物にならないと大変なのでございます。

車から降りる際やディスクから立ち上がる場合も、「ちょ・・・・」

因みに「誰っ!」とは申せませんが、「好き放題やっていた付け!」とか

一番最初の時は、オストドのヒザの上から降りなかった「姪っ子」ちゃんも

もう、お年頃。相撲を取ったり、お風呂で頭を洗ってあげていた頃から、

15年くらい経っての、「再発」。

申し上げておきますが、「悪さ」をしてやったわけではありません。

お姫様だっこのわけもありません。

今回は、「洗濯中」に床に置いてある詰め替え洗剤を取ろうとして

「やった」のでございます。

昔の自分「僕」が聞いたら、「じじい!」と笑うのかもしれません。

それでは、またのお越しお待ちしております。

何しろ「年末進行」は待ってはくれませんので・・・・
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

オストドの旅後始末「プラハの魔法?」 [2019年プラハの旅]

プラハは不思議な場所だ。

数十年前に芸術等一切合切から、手を引いたオストド。

数えてみれば、その間、仕方が無しに一回だけミュージカルに

出かけたくらいで、クラッシクを聴こうものなら、即座に眠れる。

とこらが、昨年のメストド1号のお誕生日にプラハへ行ったので、

「お祝い」と称して、白鳥の湖を観に行った。

まあ、奮発してそれなりの席を買ったのだが、

「短縮バージョン」だったけど、意外に楽しめた。

今年は「もう白鳥はいいかな・・・」とぼかしておいたが、

昨年から、街に流れる音楽が妙に心地よい。

今年は、「音楽でも聴くかぁ~」と自ら言い放ったけど、

それと同時にちょっとだけ、自分自身が気が狂ったのではないか?

そう思ったのも事実だった。

いきなり、「ハードル」を上げ過ぎると、自分の首を絞めたくなる

そんな衝動に駆られそうだったので、1時間から1時間半くらいで終わる

そんなものを探していると、弦楽器4重奏のミニコンサートがあった。

お値段もお手頃だし、幸いオストドの脳裏の奥深くにまだ、そのメロディーが

残る「四季」だったので、これも幸いだったのだろう。

今回の旅も少々ハードで、ブリュッセルに1泊とプラハ3泊そして、機中1泊

前回の旅で、頭に入っている地図を引っ張り出し、でも、最悪を想定して

カバンには、地図を放り込み、オストドのリハビリの旅第2弾が、厳かで

どこか滑稽で、時には、無口になり、ニコチン切れでイライラが募るのは

いつものことで、「三本目の足」を道連れにまたもや、歩き旅なのだから、

「丁度良い休憩時間」と自分に言い聞かせることにした。

そういえば、オストドとメストド1号の旅では、碌なものを食べない。

伝統料理なんざ、糞くらえ主義だし、ましてやそれでなくとも、「食」は

いつも喧嘩になりかける。

まあ、メストド1号の好きなものは、「ハードロックカフェのスペアーリブ」

1回くらい食べればよい。朝はホテルのラウンジでビュッフェを食べ過ぎるので

昼は殆ど軽食で終わる。昨夜のブリュッセルでの夕食は、お菓子と空港内の

スーパーで買ったサンドイッチで済ませてしまったし、今夜は、ピザで終わり。

現地ラウンド(現地旅行社)に強制的に連れていかれないと、伝統料理は

ほぼ口にしない。

オストドに言わせれば、「マック」があればそれで良い。

お土産は適当に市場やスーパーで済ませるし、旅のランニングコストで言えば、

飛行機代がトップでぶっちぎり。何しろ、二人分で50~70は使う。

ホテルは大体、「安全は金を払って買え!」がモットーなので、大方、4~5星の

ホテルに泊まる。ヒルトンがあれば、間違いなく選択する。

まあ、非日常の世界を日常にいる様にブラブラしているだけで、

傍から見ればつまらないだろうけど、街にそれだけ溶け込んでいる。

イスタンブールは、地図もいらないし、ガイドもいらない。

勝手にフェリーでアジア側とヨーロッパ側を行ったり来たりしているし、

バザールの中でも迷いようがない。最近では、公園で野良猫と遊ぶ。

プラハに来れば、オールドタウンのヒルトンから、火薬塔の下を抜け、

ちょっと行って左に曲がって少し行けば、常設の市場がある。

ぐるりと一回りそしてふた回りもすれば、土産の調達は、ほぼ完了。

後は、時計塔前のオープンエアーのカフェに行き、ゆっくりとタバコに

火を点けて、コーヒーブレイクをし、ついでに、そのままプラハ城まで

プラプラと歩き、あまけに一回りしてくれば、大体2万歩くらいになる。

何故だか、最近はよく歩かされる「旅」に出ている。

以前だったら、リゾート三昧だったのが、年2回も渡欧するとは、

オストドもそれなりに「年齢を重ねてきた」らしい。

歩く様になっただけでも、不可思議なのだが、プラハの街には、

魔法がかかっているのだ。

「どうだった?退屈は・・」

「してたら、眠ってたけど・・眠る暇なかったかな・・・」

本音を漏らせば、もう少し温かい場所で、フカフカのソファーなら、

多分、オストドの意識は遠のいていたに違いないけど、

固い木の椅子では、オストドのお尻は、あまりにも負荷が掛かりすぎ、

意識を遠のかせてくれなかったのが、正解だと思う。

まあ、魔法にかかっていても悪くはない。

プラハはそんな街なのかもしれない。

-帰路編に続く-
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

オストドのためいき「あれ?おかしいなあ~」 [ひとりごと]

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

本日もポンポコ腹親父の拙いブログへようこそ!

ご訪問賜っている皆様の諸願成就をご祈願させていただき、

本日もスタートなのでございます。

本日のお話は、「あれ?おかしいなあ~」でございます。

このまま、順調に行ってくれればいいのですが、

オストドは、とりあえず・・「じいじ」なのか、「くそじじい」なのか

なる予定で、メストド1号は、「ばあば」なのか?「くそばばあ」なのか

知りませんが、なる予定。

「エイリアンみたいだな・・・」と思った画像に映る。おちびの体重は

先週末で、350gくらいなのだそうでございます。

もう、すっかり舞い上がった「パパ馬鹿を始めた見習いさんから、

PDFとWORDと同じファイルが送られてきました。

やっぱり・・・エイリアンです。

お好みは、モーツアルトなんだそうでございます。

最初は「ハワイアン」がお気に入りだったみたいですが、

ディズニーの楽曲では、激しく動くのだそうで・・・

因みに、ちょっと育ちすぎみたいです。

日本人の平均では、250gほど。オーストラリアでは、

300~320gが平均ですので、このままいくと・・・

「腹避けそうだな・・」と冗談で言っていたことが、

現実味を帯びてきます。

パパ見習いの「パパ馬鹿」は、あちらこちらをお仕事で

飛んで行くのが、「本当のお仕事」なので、

里帰り出産を一応する予定なのでございます。

あれ?そう言えば・・・思い出した事がございます。

今は亡き、うちのお父様。「孫にだけは甘かった」のを

「くそじじいが鼻の下伸ばして・・やだねえ~」と言っていた

そんな、オストドでございますが、

この前から、「良い!良い!」が口癖になってきた様で・・・

出産に必要なモノやついでに・・・日本への片道航空券

それも、ビジネスクラスを発券しているではありませんか・・・

「あれ?どっかのくそじじいに似てきた気がする」

どうやら、パパ見習いやお父様を笑えなくなりました。

そういえば、メストド1号の口癖も変わってきた様な

気がします。

昔は口を開けば、「娘に甘い」と散々罵られてきましたが、

最近では、「日本に居る間はそんな(お金)の心配いらない」と

おまけに、20数年ぶりに自動車の運転の練習を始めました。

「小さいのはやだ・・」とオストドが以前、乗り回していた

CX-5で練習再開。横に乗せられるオストドは、1時間に多分

10gくらいは、体重が痩せていく気がします。

何しろ、「ライン踏んでいる」とか「スピード落とせ!」とか

本人の弁を借りれば、「臆病かつ無謀」。

背中を冷たいモノが流れるのは、当たり前のこと。

「ち・・小さいサイズ買おうか?」

「低く(運転席が)なるから、やだ。」

「じゃあ・・CX-30か・・・あれならいいかも」

現在、練習中のCX-5.この前に車検に出しました。

今、8年目。あれやこれや法定点検以外にオーダーして

オストドでさえ、閉口気味だった車内のヤバコ臭も

気になる点全て直してきました。

「アンタは当てにならないし・・・」

「だ・か・ら・・・直してきたでしょ」

まあ、どうなるのか?果たしてパパ見習いは出産に立ち会えるのか?

多分、パパ見習いは、本人曰く、

「きっと・・アメリカあたりで聞いて・・フライトキャンセルして・・・」

まあ、時代が時代ですけど、フライトに穴をあけるとどうなるのか?

一人くらいなら、大丈夫なんだそうで、この前は中国に置き去りにされた

本人が言うことなので、大丈夫なのでしょう。

オストドとメストド1号は、実は旅立ちの準備中。

予定日の1か月後には、また、ヨーロッパへ飛びます。

帰りは、真っすぐ帰ってこないで、アジアのどこか(赤道近く)を

経由して帰ってくる算段。一応、パパ見習いには、

「休み取る様に・・・仮病でもいいけど・・・」

酷いジイジとバアバが居たものでございますが、途中の息抜きは必要。

まあ、その前にメストド2号が日本へ帰ってくる2日前まで、

オストドだけは、バリ島でのんびりさせてもらいますけど・・・(*^^)v

「それってさあ~狡くない?」

「狡くない。」

「でもさ・・・産気づいたら?」

「勝手に産む様に言ってくれる?そうしないと・・・」

「ですよね。大事になったら、お返しが大変そう」

「でしょ?」

オストド。セミナーの講師をしているので、発表すると、

飛んでないことに・・・・なりそうだからです。

「もうすぐ・・・ばあさんですね。」

「それ言えば・・あんたは・・・・」

「メンドーなので、くそじじいでいいかな・・・・」

「面倒見ろとは言いませんけどね。その代わり・・コレ!かかるよ!」

「お金で済むのならね・・・働けばナントカなる。いや、ある!」

まあ、年が明けて、冬が終わり。春には・・・・

名実とも「くそじじい」です。

それでは、またのお越しお待ちしております。




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オストドのひとりごと。「縁起物」 [ひとりごと]

空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます。

本日もポンポコ腹親父の拙いブログへ

ようこそお越しくださいまして、誠にありがとうございます。

本日もご訪問賜っている皆様の諸願成就をご祈願させていただき

スタートなのでございます。

さて、本日のお話は、「熊手」

潮干狩り用ではありませんし、ましてや熊の手ではありません。

オストドの潜む所から、車ですと、「お隣じゃん」と言われますが、

あめが激しく降る中、30分ほどの場所に、「大鷲神社」があって、

賑やかでは生憎ありません(平日最終日・雨天のせい)でしょうが、

カレンダーに〇を付け、ついでにスケジュールボードにまで、

ご丁寧に記入しておいたので、いざ、出陣とばかりに

行ってきたのでございます。

最初のは確か豊川稲荷参道で購入。次のは地鎮祭やお祓いで

お世話になっているI県のお稲荷さんから、授かったもの。

気が付けば、もう7期を終えて、8期目の会社。

「どうしましょうかねえ~」とサイズを悩みました。

雨の中、神社の境内に車を停めさせていただいて、

傘を差し、ポコポコ歩いてゆくと、1軒の仮設店舗で

おばあちゃん(失礼!)が、「おいで!」と呼んでいるので、

そこの「仮設店舗」に真っすぐに・・・・

そんなに広い事務所ではない(3LDK)なので、

あんまり大きいものは、ちょっと・・・

でも、「ちゃっちいモノ」は、オストドの性に合わない。

一応、値札は付いているけど、それはそれ。これはこれ。

「う~ん。やっぱ・・・8・・・」

「末広がりの8だしね。」

おばあちゃんの一言で、即決。

「雨の中来てくれたんで・・・特別」

値切る前に値段が下げられてしまいました。

それも「33%オフ」

その「熊手」に更にお飾りが付けられ、ついでに社名札まで

領収書まで要求前に書いてくださったので、

「出すもん出さなきゃ・・・ナントカ!」

そう、ご祝儀。

「ヒイフウミ・・・」と数えたかはさておき、

人数分のご祝儀を出すのが、「下町っ子」

「これ!皆さんで・・・」とご祝儀を差し出します。

「雨の中来てくれたしねえ~」

カレンダーに運勢暦(本屋で買えば定価千円)に、

おまけに米屋の栗羊羹と升に盛られたお飾りまで・・・・

気持ちのいい「縁起物」でございます。

普通、酉の市と言えば、11月。でも、オストドの行った場所は、

12月の初酉に行われます。

「来年。ご案内出しますんで・・・」

「お待ちしてます」と気持ちよく帰ってこれました。

因みに・・ですが・・・

「熊手本体」は、領収書をいただいたので、経理処理は、「寄付金」

ご祝儀は社長であるオストドの自腹です。

そう言えば・・・今、オストドの所に来ているとある投資物件(新規建設)の

数字もたしか・・・頭が「8」。まんざら、ご縁がない数字ではありません。

飾ってみると、サイズ感はちょっと大きいのでございますが、

「う~ん。これで方から、お仕事がきそう!」と

ウンでも何でも、「かき集める」気で、8期も頑張ろうと思います。

8期初日営業日にやってきた「縁起物」のお話でございます。

それでは、またのお越しお待ちしております。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

オストドの旅後始末「2019年プラハの旅」 [2019年プラハの旅]

-バースデーは意外と悪くないVOL4-

部屋に戻ると、「意外な光景」が目に飛び込んだ。

リビングスペースのテーブルの上には、フルトボトルサイズの

シャンパンが、ワインクーラーに入れられ、鎮座していた。

グラスが二つ。ヒルトンのシールが貼られた瓶には、おつまみ。

ついでに言えば、チョコレートとフルーツまでが添えられている。

確かに、ヒルトンに宿泊すると、ウエルカムフルーツにチョコレート

ついでに、ウエルカムお寿司まであったことはあるけれど、

シャンパンのフルボトルは、正直、オストドは困惑せざるを得ない。

暫し、ボトルを眺めること1時間あまり。

「ど・・・どうしよう!」

わが娘メストド2号なら、さしずめ持って帰るところである。

某航空会社で飛んでいた娘は、同じ航空会社で飛んでいて、

今では、カンガルーマークの航空会社で飛んでいる義理の息子と

住んでいるシドニーから、里帰りしてくることもあり、その際、

クルーから貰ってきたシャンパンのフルボトルは、まだ、我が家の

冷蔵庫で「その出番」を待っている。

「う~ん・・・一杯だけいただくか・・・」

「悪酔いしないように・・・」とメストド1号。

未だに、スリランカ・コロンボヒルトンでの、ガラ・ディナーを

忘れてないらしい。

「せ・・・せっかくだしね。好意は無にしては・・・」

「ポンッ」という音と共に栓が開く、シャンパングラスに注意深く

注ぐ。

「もう!お腹いっぱい。いい・・バースデーだった・・・」

「まだ、終わってないけどね。今日」

一杯ずつ飲んでも、まだ消費されてないボトルを眺めて、一言。

「残りどうしよう・・・・」

「バスタブがあれば、シャンパン風呂でもいいけど・・・あっ!」

「あん?」

「シャンパンで洗顔しよう!」

「どうぞどうぞ・・・」

ほぼフルボトルに近い、シャンパンは、メストド1号の洗顔剤に変わった。

洗い終えたメストド1号は、もちもち肌にすっかりご機嫌が良い。

まあ、どんなに安く見積もっても、ウン千円。ワインリストによれば、

同等品は1万円を軽く超えている。

それだけ「高価な洗顔剤」は、お気に召したらしいが、毎日なら破産する。

ラウンジでプラハでお気に入りの「ジンジャーエール」を飲み、再び街に

飛び出る。

「ノープラン」で、足の向くまま、気の向くまま街を散策する。

すっかり、最近ではこの旅のスタイルが定着している。

夕暮れがせまる街の中を彷徨い、夕食を採り、ホテルへ戻る。

-プラハの魔法?へ続く-


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | -